古い水洗トイレは水が止まらなくなることが有る

以前に仕事で会社が借りている民間アパートに住んでいたときです。用を足して水を流したのですか、普段なら止まるタイミングで水の流れが無くなるのに、その日はそれが全く止まらなくなりました。最初は何が起きたのか分からなかったのですが、以前にどこかで水洗トイレの水はタンク内に有る浮きのようなボールで行っているのを見たことがあったので直ぐにタンクの蓋を開けて中を見ると、浮きとなっているボールが止め金から外れていました。仕組みが至ってシンプルなので自分での何とかなるとして紐で括ると正常に動作するようになったのですが、この構造を知らないといつまでも水が流れ続けるので業者を呼んでいたと思います。
現在の構造はよく分かりませんが、昔の古いタイプは殆どがこのやり方を使っています。特に浮きとなっているボールは使う度に動くし、中に有る水でサビたり腐食したりするので、定期的に中の様子を確認していた方がいざというときに便器から水が溢れるといった事態に陥らないのでいいです。”

トイレで流したら水があふれてきた

先日大きい方のトイレをした後に普通に水を流したらトイレが詰まってしまいました。トイレットペーパーを使いすぎてしまったのが原因なのだと思います。そういう時によく使われるスッポンを何十回も繰り返してやりました。でもやってもやっても効果はなく詰まったままでした。自分ではどうにもできないと思い、地元の工事の方に電話をしてきてもらいました。工事の方がきて同じようにすっぽんで試してみたあとに「水が減っていかないので中でしっかりと詰まったものがあるようです。便器を外してから詰まっているものを取り除く以外に方法がないようです」と言われました。わざわざ便器を外さないと取り除けないと聞いて「そこまでしなくちゃいけないの」と思いました。別に何も特別なものを流したわけではありませんし普通にトイレットペーパーを使っただけです。ただそのペーパーの量が普段よりも多かっただけです。それで便器を外してまで行わないといけない詰まりになることが理解できなくて工事の方に対する不安感が出てきました。なんとか安い形で工事が出来ないかと試行錯誤をすることなく、すぐに便器を外す方法を選ばれたことに不満を持ちましたが、お願いする以外解決方法がなかったためしょうがなくお願いしました。結局工事全体で6万円ほどとられてしまいました。